読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャイニングマンの「勇気を君に」

今まで人の役に立った事がない人間が出来るだけ人の役に立とうと始めたブログ

ママが「ヒップシート」を買うべき理由。デメリットもしっかり解説します。


後で読みます?⇒このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

小さい赤ちゃんを抱っこしながら何処かへお出かけ、または家で家事をする時って皆さん「抱っこ紐」を使いますよね?

 

我が家も子供が産まれて暫くしてから買いました。


初めての子供だったのもあって、勝手も解らず、結構色んなの試したんですよ。皆さんもそうだと思います。

 

抱っこひもと一口に言っても


「前抱きタイプ」とか「後ろ抱きタイプ」とか、結構色んな種類があって最初は何がいいのか良く分からず、妻はあれこれと色々買ってました。

 

お金…無いんですけどね…(甲斐性なしの僕が悪いか…) 

 

例えばこういうのとか

 

あとこういうのも

 

やっぱり日常的に育児をするのは妻なので、妻の負担がこれで少しでも楽になるなら…と何を買おうと僕は文句を言う事も無かったのですが

 

さすがに月1くらいで増えて行く抱っこ紐を見てると思う所もありました(苦笑)

 

 

「おいおいそんなに要らないだろ!」

 


…なんて言える筈も無く、せっせと抱っこ紐代を稼ぐ毎日だったのですが(泣笑)


そんな中、数ヶ月前にまた見れない抱っこ紐が家にあったので

 

 

 

おいおいおい…また買ってるよ…マジか…

 

てかそんなに何種類も要るのか…?

 

前買ったやつは…?ダメだったの…?

 

 

 

なんて心の中で思っていたのですが、

 

後日、僕がそれを着けて出かける機会があったのですが、実際に着けてみたら

 

「あ、これめっちゃいいじゃん」

 

ってなるくらい秀逸な代物だったのでちょっとご紹介させて下さい。

 

 

ヒップシートという優れもの

 

コレですよコレ

 

 

いやいや抱っこ紐って言ってるのにコイツ「ウエストポーチ」紹介しちゃってんじゃん!何コイツ?

 

って思いました?

 

いやこれ一応抱っこ紐なんですよ。「ヒップシート」って言います。

 

これね、マジで革命ですよ。レボリューション。

 

 

ヒップシートの素晴らしさを解説

まぁ↑の画像見ただけじゃわからないと思うんで、公式動画でわかりやすく↓

 

youtu.be

 

↑見ました?ね?

 

これ、めっちゃ楽なんですよ。それこそ本当にウエストポーチ的な役割もちゃんと果たしつつ、赤ちゃんも「ストン」と乗せれてストレスフリー。

 

使用は「赤ちゃんが一人でお座りが出来るってのが最低条件」にはなるので、6ヶ月過ぎるくらいまでは使えません(授乳時の横抱きとかには使えます)が、それ過ぎた位から、特に子供が歩き出してからは大活躍間違いなしです。

 

てか、赤ちゃんが成長して体重が重くなってくると、普通に長時間抱っこしてるのも結構辛いんですよね。特に肩から腕にかけて何の筋トレだよコレ…ってなります。

 

男の僕ですら辛いんですから、妻はもっと辛いと思うんです。(てか辛いって言ってます。毎日言ってます。)

 

あと、従来のガッチリタイプの抱っこ紐って、やっぱり赤ちゃんのコンディションによってはちょっと窮屈だったりするのかして、嫌がる時って鬼嫌がるんですよね…。こうなったらマジで大変で…。

 

普通の抱っこひもは装着が大変

しかもアレって「一人で装着する」のも結構面倒ですよね?あっちこっちカッチャンカッチャンしないといけないから大変じゃないですか?

 

しかも赤ちゃんがグズってしまった時「一旦下ろす」となるとまたあちこちカッチャンカッチャン外して

 

そういう些細な事が積み重なる事によりお母様の育児ストレスもグングン溜まっていく…と。(恐)

 

その点、コイツは腰に巻きつけてマジックテープで固定&カッチャンも一か所のみなので普通の抱っこ紐より脱着もかなり楽ですこれって結構素晴らしい事なんですよね。

 

我が家では割と最近(1歳過ぎたくらい)コレと出会ったのですが、ちょっとした外出の時はもう基本コレです。

 

あと、妻が言ってたんですけど

 

「頑張れば抱っこしながら料理も出来る」との事でした(笑)

 

まぁこれは個人の能力差があると思うんですけど (笑)

 

自分もこれを着用して子供を乗せてみましたが、まぁ楽。子供もこっちの方が楽みたいで機嫌も良かったです。しかもこれだと「後ろ向き」も「前向き」も自由自在ですからね。

 

ヒップシートの注意事項

ただ、このヒップシートは赤ちゃんをホールドする紐がないので、常に手で赤ちゃんが落ちなよう背中を支えておく必要があります。

 

そういう点で「常に片手が塞がっている」というデメリットもありますし、その時のお子さんの体重によっては1時間以上付けていると結構「下半身にキます」ので、その辺はお忘れなく。でも、ほんと楽です。

 

サイズ

ベルト:全長約121×幅13.5cm

シート:約幅22×奥行14cm(子供が座る部分)

重量:400g

 

お値段

Amazonで4980円なので買いだと思います。

 

ちなみにカラーバリエーションもそれなりに有りマス

 

 

 

まとめ

大変な毎日の子育ての中で、少しでも妻の負担が軽くなるなら最高ですよね。

 

これは男の僕も実際に着けてみて本当にビックリするくらい優秀なベビー用品だったので紹介してみました。

 

特に半年過ぎくらいの月齢の赤ちゃんが居る人は1つ持っておくとかなり便利だと思いますし、かなり長く使えます!(ウチは今1歳半ですがまだ使ってます。)

 

あと赤ちゃんが生まれた家庭へのギフトやプレゼントとしても喜ばれると思います!

 

あじゃした!

 

スポンサーリンク