読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャイニングマンの「勇気を君に」

今まで人の役に立った事がない人間が出来るだけ人の役に立とうと始めたブログ

初めて買ったCDは「Hi-STANDARD」の「MAIKING THE ROAD」

音楽

後で読みます?⇒このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

お題「初めて買ったCD」

 

どうも、シャイニングマンです。ネタも無いし、またまたお題スロット大明神の助けを借りての投稿となります。大明神マジリスペクト。

 

いきなりですが、初めて自分が心から欲しいと思って自分のお小遣いで買ったCDがコチラ

 

メイキング・ザ・ロード

メイキング・ザ・ロード

 

 

 まぁ知ってる方もいらっしゃるかも知れませんが。

 

日本におけるメロディックパンクのパイオニア

 

Hi-STANDARD(ハイスタンダード)

 

です。僕は中学二年の時に兄の影響でギターを始めたのですが、その兄の影響でハイスタも同時に聴き始めました。初めてギターでコピーした曲もハイスタの「NEW LIFE」という曲です。

 

 ※コレに入ってる(激・名盤)

グローイング・アップ

グローイング・アップ

  • アーティスト: Hi-STANDARD,RUSS BALLARD,Bill Martin,John Phillips,Phil Coulter,Michele Gillian
  • 出版社/メーカー: トイズファクトリー
  • 発売日: 1995/11/01
  • メディア: CD
  • 購入: 2人 クリック: 34回
  • この商品を含むブログ (53件) を見る
 

 

当時、テレビでは全く流れることの無かった「パンク」というジャンルの音楽を知り、それにのめり込みました。今この年齢になってまで僕がバンドをやってるのは間違いなくハイスタが居たからです。

 

日本人なのに英語で歌ってるし、音はうるさいし、曲はめっちゃ早いし、1曲2分以内くらいで終わるし、テレビ全然出ないし

 

「人と同じが嫌い」という厨二全開な当時の僕にはもう何から何まで新鮮でカッコ良かったです。これがパンクなのか。すげぇ…!

 

同級生とかもちろん誰も知らない。僕しか知らない。「バンド」と言えば他の皆はGLAYとかラルクとかルナシーとか。でも僕はハイスタ知ってる。ヴィジュアル系なんて気持ち悪ぃぜ。男はパンクだぜ。という謎の上から目線もありつつ…(笑)

 

そうやってギターでハイスタばっかり弾いてた毎日が過ぎ、中学三年になった時にこの「MAIKING THE ROAD」がリリースされました。

 

それまでに聴いていた「GLOWING UP(1st album)」や「ANGRY FIST(2nd album)」は僕はリアルタイムではありませんでしたが

 

ANGRY FIST

ANGRY FIST

  • アーティスト: Hi-STANDARD,難波章浩,BEN FINDON,ジョン・フォガティ,横山健,マイク・マイヤーズ,BOB PUZEY
  • 出版社/メーカー: トイズファクトリー
  • 発売日: 1997/05/14
  • メディア: CD
  • 購入: 1人 クリック: 23回
  • この商品を含むブログ (62件) を見る
 

 

このMAIKING THE ROADは正にリアルタイム。ハイスタを知ってから初めて出たハイスタの新譜でした。リリースの情報とかは兄から仕入れてたので、発売日に僕は小遣いを握り締めて地元にあったボロくてババァがやってるショボイCD屋さんに行きました。

ハイスタ自体、テレビとかも全然出てないし、CD屋さんに置いてるのかどうかという不安もありつつ、

 

店のババァに

 

「あの~、ハイスタンダードというアーティストの、新しいアルバムって置いてますか?」

 

と聴くと、ババァが食い気味で

 

「あ~ハイスタね!あるよ!はい!」

 

っつってスグ出してきました(笑)

 

ババァ!ハイスタ知ってんのかい!てかハイスタって言うたやん!(笑)こっち気使ってハイスタンダード言うてんのにいきなり略称で来たやん!やるやんけババァ!(笑)

 

とテンション上がったのを今でも覚えています(笑)それからその後もババァとは長い付き合いになりました。(ノスタルジー)

 

そしてドキドキワクワクしながら家に帰ってCDの封を空け、コンポにCDを挿入し、再生ボタンを押したあの瞬間…本当に幸せでした。

 

1曲目が「TURNING BACK」という曲で、いきなりドラムのロールから始まってVo難波が「GO!!」って言うんですけど、中三の少年がハイスタに完全に持ってかれた瞬間でしたね。

 

このアルバムはインディーズでは異例の100万枚を売り上げたらしく、実はめっちゃ人気で売れまくりのバンドだっという事を後々になって知った時は若干の恥ずかしさもありましたね(笑)まぁそれでも中学生でハイスタ聞いてた子は少なかったけど…。

 

それから2000年には「Love is a Battlefield」という3曲入りのシングルが発売され、これが人生で2枚目に買ったCDとなる訳ですが

 

Love Is a Battlefield

Love Is a Battlefield

  • アーティスト: Hi-STANDARD,実川俊晴,ペレティ・ヒューゴ・E,ウェイス・ジョージ・デビッド,クリエーター・ルイギー
  • 出版社/メーカー: PiZZA OF DEATH RECORD
  • 発売日: 2000/04/05
  • メディア: CD
  • 購入: 6人 クリック: 57回
  • この商品を含むブログ (62件) を見る
 

 

これは「はじめてのチュウ」のカヴァーが入ってるので知ってる人も多いんじゃないでしょうか。このCDも良かったですね。1曲目の「This is Love」の出だしから鳥肌でした(笑)

 

このリリースを最後に、ハイスタは仲違いしちゃって10年以上活動を休止する事になるんですが…東日本大震災をきっかけに2011年~活動を再開しました。

 

今年10月には完全ノープロモーション(宣伝や告知を一切しない)で急に店に新譜が並ぶというとんでもない方法でシングルをリリースしてました(笑)今の時代、そんな事出来るんですね(笑)

 

ANOTHER STARTING LINE

ANOTHER STARTING LINE

 

 

… ただ、これはもう僕が好きなハイスタではありませんでしたが…(苦笑)

 

いや、良いんですよ。これはこれでね。ドキドキでしたし。

 

そして今月にはまた新しいシングル(今度はカヴァー集)もリリースされました。

 

Vintage & New,Gift Shits

Vintage & New,Gift Shits

 

 

こっちはまだ聞いてないので楽しみ!選曲もイイ!…この前出た新譜が全然だっただけにちょっと心配だけど…(笑)楽しみ!

 

そんなこんなで長々とハイスタを語ってしまいましたが、僕の人生に最も影響を与えたのがこのバンドで、今でも一番好きなバンドです。最近はまた活発に活動もしてるので、もしまだご存知無い方は一度聞いてみて下さいな。

 

あじゃした!

スポンサーリンク