読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャイニングマンの「勇気を君に」

今まで人の役に立った事がない人間が出来るだけ人の役に立とうと始めたブログ

【ネタバレ有】松本人志「ドキュメンタル」第三話感想。残るは4人…。


後で読みます?⇒このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

f:id:shining-man:20161214222125p:plain

どうも。シャイニングマンです。


毎週恒例となった水曜日。Amazonビデオにて「ドキュメンタル」の第三話が配信されました。


早いものでもう来週で最終回なんですね。(寂しい…)


今回で一気に戦況が大きく動き、戦いもかなりヒートアップしましたね。あと、ようやく今回で「Amazonビデオ限定配信」だった理由もなんとなく理解出来ました(笑)

 

スポンサーリンク


これから第三話の感想を書かせて頂きますが

 

前回同様、脱落者等のネタバレ含みますので未見の方はご注意を。

 

 

もくじ

簡単なルールおさらい

・芸人10人で6時間密室で笑わせ合い

・参加費は1人100万円(自腹)

・制約は無し。(何をやっても良い)

・「3回」笑ってしまうと退場

・最後まで笑わず生き残った者が参加費総取り(1000万円)

 

参加者と前回までの戦況

f:id:shining-man:20161214215555p:plain

※()内は笑っても許される回数


・宮川大輔(あと1回)

・FUJIWARA藤本(あと1回)

・野性爆弾くっきー(あと1回)

・東京ダイナマイト・ハチミツ二郎(あと1回)

・とろサーモン久保田(あと2回)

・マテンロウ・アントニー(あと2回)

・天竺鼠・川原(あと2回)

・トレンディエンジェル・斎藤(あと0回)

・ジミー大西(脱落)

・ダイノジ・大地(脱落)


前回はジミー大西と、ダイノジ大地が脱落し、残るは8名。次の脱落者は誰だ…?って所からスタート。

 

www.shining-man.com

 

www.shining-man.com

 

※12/21追記!最終話分もアップしました!

www.shining-man.com

 

 

 

今回の脱落者

今回は一気に脱落者が4人出ました!人数が減ると逃げ場も無くなり、必然的に芸人同士の絡みも増えて来て、見ごたえも増し増しでした◎

 


・宮川大輔

f:id:shining-man:20161214215558p:plain

僕はもうこの人が笑いを我慢している顔がツボ過ぎて、マジで最後まで残ってて欲しかっただけに残念でした…。くーちゃんのギャグにトドメを刺されて撃沈(笑)前回かなり健闘してただけに意外な脱落となりました。

 

・トレンディエンジェル・斎藤

f:id:shining-man:20161214215559p:plain

斎藤もかなり頑張ってましたが、大輔の下ネタにあえなく撃沈(笑)

 

・野性爆弾くっきー

f:id:shining-man:20161214215556p:plain

序盤に大輔の下ネタでカードをもらい、終盤に久保田の放つ「おもんな過ぎておもろいギャク」で撃沈…。笑いのツボが本当に人それぞれで、くーちゃん曰く「一番おもんないのが一番おもろい」との事(笑) 大好きな芸人さんだけにこの結果は残念…(泣)

 

・東京ダイナマイト・ハチミツ二郎

f:id:shining-man:20161214215600p:plain

二郎ちゃんのツボが一番よくわからない(笑)前回の時もそうでしたが、「そこで笑うんや!!」って所で笑いが重なってあっけなく撃沈してました(笑)

 

現状の戦況(次回でラスト)


・FUJIWARA藤本(あと1回)

・とろサーモン久保田(あと2回)

・マテンロウ・アントニー(あと1回)

・天竺鼠・川原(あと2回)

 

まとめ

今回は急に下ネタがめちゃめちゃ多くて「なるほど、これは地上波では絶対無理だ」と納得しました(笑)中盤からほぼほぼモザイクかかってたし(笑)僕は下品な笑いも大好きなので、前回とはまた違った毛色もありつつで最高でした。

 

僕のこの番組の見方としては単純に芸人のボケを楽しむのも勿論ですが、それよりも「せめぎ合いの中で生まれる互いのかけひき」、そして何より「笑いを一生懸命堪えてる顔」がもうたまりません(笑)

 

「おもしろい」は英語で「Funny」と「Interesting」の二つがありますが、この番組はこの二つを同時に味わえる非常に素晴らしい番組だと改めて関心しました。

 

人が笑いを堪えてる時の顔って何であんなに面白いんでしょうかね(笑)

 

もちろん「笑ってはいけないシリーズ」で慣れ親しんでいるものの、やはりこっちの緊張感はかなりのガチ具合。エンタメ要素がかなり削がれてて、あらためてドキュメンタル(ドキュメント+メンタル)というネーミングの妙を感じました。

 

てか、今回で確信しましたが「フジモン」はやっぱり凄い!あの緊張感の中でめちゃくちゃ突っ込むし、口数も多いのにここまで残ってるってのが素晴らしいと思いましたね。残ってる芸人なら僕は川原が好きですが、ここまでそんなに攻めきれてないので、このゲームに関しては今の所フジモンの方が好印象!

 

来週でエピソード1が終わってしまうのが名残惜し過ぎますが…優勝するのがマジで誰かわからなくなって来たので最後まで目が離せませんな。予告では川原が一転してだいぶ攻めてたっぽいので、ますますヒートアップの予感!

 

アマゾン会員じゃない人は今すぐプライム会員の無料体験に登録してこのドキュメンタルをチェックしてみて下さいね!(宣伝)

 

<スポンサードリンク>


あじゃした!

 

 

Fire TV Stick

Fire TV Stick

 

 

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

 

 

スポンサーリンク