読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャイニングマンの「勇気を君に」

今まで人の役に立った事がない人間が出来るだけ人の役に立とうと始めたブログ

星野源はユースケ・サンタマリアの上位互換。間違い無い。

ネタ 雑記

後で読みます?⇒このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

どうも。今クールのドラマは「逃げるは恥だが役に立つ」だけ見てるシャイニングマンです。


先日はガッキーの事について記事にしましたが、

 

www.shining-man.com

 

今日は星野源について、僕が思ってる事を書きます。


まず、僕は彼がミュージシャンである事は認知していましたが、俳優をやっている事は知りませんでした。

 

何だったら曲もそこまで聞いた事がなかったのですが、今回の「逃げ恥」で音楽と芝居の両方をしっかりと認識する事となりました。

 

星野源のファーストインプレッション


逃げ恥の1話を見た時は「芝居も出来んのかこの兄ちゃん」という印象。あと、「最近の女子は好きそうやなぁ~。。」くらい(笑)


それから1話が終わり、エンディング曲の「恋」のイントロが流れ、そのまま巷では猫も杓子も踊り狂うと言われる国民的舞踏「恋ダンス」が始まりました。


初回は恋ダンスするガッキーの可愛さに骨抜きにされた僕でしたが(曲は全然入って来なかった)、2話、3話と見るにつれてその楽曲の素晴らしさにも気付き始めました。

 

恋 (通常盤)

恋 (通常盤)

 

 

楽曲から見る音楽的才能


何もない日常生活の中でふと「恋」のAメロを口ずさんでしまっている事に気付いた僕は、少し恥ずかしいような気もしつつ、我に返る頃にはスマホのyoutubeで「恋」のニュージックビデオを検索しました。


そこでじっくりとこの楽曲を聞いてみたのですが…


それはもうあれです。ただの天才でした。歌詞、メロディー、アレンジ、何もかもが素晴らしいレベル。歌は正直上手くは無いし、声も好き嫌いありそう(僕は最初この声が苦手でした)ですが、楽曲だけ見れば相当素晴らしい才能があると感じました。(何様やねん)


星野源はもともと「SAKE ROCK(サケロック)」というインスト(歌無し)バンドでギターを担当しており、その後、細野晴臣(YMO)に才能を見出されてソロデビューを果たしたという経歴があります。


世間が認める前に細野晴臣に認められとるやないかい。すげぇなおい。

 

LAST LIVE “ARIGATO!

LAST LIVE “ARIGATO!" [DVD]

 

 

僕が感じていた既視感の正体


逃げ恥を見ている内に、だんだんと星野源に対して既視感を覚えるようになってきました。そして5話くらいになった時に「あ…!」とひらめいたんですね。


そう、


「ユースケ・サンタマリア」です。(ネタバレ済)


彼も元々はミュージシャン出身の役者。顔の系統もどことなく似てるし、ミュージシャンだし、芝居もやってるし、ラジオやテレビとかのメディアでもそこそこ面白い事言ったりする。


しかしながら音楽の才能は明らかに星野源が上だし、容姿だって星野源の方が良い。芝居のレベルは若干ユースケサンタマリアが上…としても、


これは完全にユースケ・サンタマリアの上位互換と言っていいだろう。


ソシャゲのRPGで例えるならユースケサンタマリアが☆5なら星野源は☆6だ。スペックがまるで段違い。

 

曲作れば天才、芝居やらしたら連ドラ主演、しかも相手役はガッキー、時代も味方してモテまくり。

 

 本まで出しとんのかい…

働く男 (文春文庫)

働く男 (文春文庫)

 

 


星野源はユースケ・サンタマリアが手に出来なかったものを全て持ってる。いわば

 

 

 

 


「パーフェクト・ユースケ・サンタマリア」と言えるのではなかろうか。(真顔)

 

 

 

 

 

 

まとめ(唐突)


という持論を熱く友人数人に語ったところ、誰の共感も得られませんでした。僕が間違ってるんですかね…!?

 

 

逃げるは恥だが役に立つ(1) (Kissコミックス)

逃げるは恥だが役に立つ(1) (Kissコミックス)

 

 

 

TBS系 火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」オリジナル・サウンドトラック

TBS系 火曜ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」オリジナル・サウンドトラック

 

 

ついでにコレも読んでみては…?

www.shining-man.com

 

スポンサーリンク