読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャイニングマンの「勇気を君に」

今まで人の役に立った事がない人間が出来るだけ人の役に立とうと始めたブログ

【AdWords】キーワードプランナーの導入を考えている人は要注意!アドワーズの落とし穴!

ブログ運営

後で読みます?⇒このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

どうも。シャイニングマンです。


ブログの運営で「収益化」や「アクセスUP」を意識すると「キーワードプランナー」というツールの導入を考える局面があると思います。


このツールは「Google AdWords」の中にある機能の一つで、サイト運営者や広告主がキーワードの検索数や競合率を調べる時に使われるモノで


例えば「ダイエット」をキーワードに記事を書く時に「そのキーワードは月間でどれくらいの検索数があるのか?」とか、「他サイトとの競合率はどれくらいか?」などを調べられるという優れモノです。


過去記事のリライト(キーワードの見直し)なんかにも使えますし、使い方次第で確実にアクセスアップ(=収益アップ)に繋げる事が出来ます。


これは「グーグルアナリティクス」「サーチコンソール(旧ウェブマスターツール)」などと並んで長期に渡ってブログを運営するなら必ず導入しておきたいツールと言えるでしょう。


今回は僕自身の失敗談(まさかの現金6万円を喪失)をもとに「キーワードプランナーの導入時に注意すべき事」をお話しさせて下さい。

 

悲劇当日の記事はコチラ↓

www.shining-man.com

 


僕の失敗が後続の誰かのお役に立てるならこれ幸いであります(涙を堪えながら)

 


※画像を貼りたかったのですが、Googleさんが怖いので一応辞めときます。ちょっと読みにくいかもしれませんが、お付き合い下さいませ。

 

まずはGoogle AdWordsに登録する


キーワードプランナーを使うにはまず「Google AdWords」への登録が必須となります。ここで僕は大きなミスをしてしまい、最終的に「現金6万円」を失う事となりました…


まぁ普通にやってれば大丈夫なんですけど、もしかしたら僕と同じミスをする人もいらっしゃるかもしれませんので、細心の注意を払いながら進めて下さい。


それでは参りましょう~。

 

手順その①


ネットで「グーグルアドワーズ」を検索してログイン画面へ進んで下さい。

 

↓からも直接飛べます

Google AdWords(アドワーズ)PPC型のインターネット広告

 

※グーグルアカウントを持っていない人は事前に要取得です。


アドワーズに自分のグーグルアカウントを入れると

 

アカウントで不審なアクティビティーが検出された場合のGoogleからの連絡手段となる再設定用の電話番号をご確認下さい。


という画面が出ると思うので、そのまま「完了」をクリック

 

手順その②


すると

Google AdWordsへようこそ


と書かれた画面が出ると思いますので、そこにアドレスとか自分のサイトのURLを入力して「続行」をクリック

 

手順その③

次は

お客様のビジネスにAdWords Expressをご利用頂く事をおすすめいたします…

うんちゃらかんちゃら…と画面に出るので、そのまま「AdWordsに切替える」をクリック

 

手順その④

次は「最初のキャンペーン」を作るセクションに入ります。キャンペーンとは広告の事です。


ここから2つ、僕は大きなミスをしましたので皆さんはここで少しだけ気を引き締めて下さいね。


今更になりますが、アドワーズは基本的に「広告を出す側のツール」です。つまりここでは「お金を幾ら払って広告を出すか」という事を決めるセクションになるんです。


しかし、キーワードプランナーを使う為だけにお金を払って広告を出すなんて事はしたくないですよね。はい。しなくても大丈夫です。(僕はしてしまったんですけどね…)


では話を戻して進めますね。

 

手順その⑤

次に「予算」を決める項目がありますが、


必ず「JPY¥」を選択して、後は適当な額を入れて(500円とか)、そのまま「保存」をクリック


※僕はここで間違って「$」を選択して「500」を入力しました。これが後の悲劇に繋がります…。

 

手順その⑥

次は「ターゲットの地域」となりますが、ここも「日本」を選択して「保存」しましょう。

 

手順その⑦

次は「キーワード 15~20個のキーワードを追加して下さい。」と言われますので


そのまま自分のサイトに沿ったキーワードを適当に20個くらい手動で入力して「保存」をクリック。

 

手順その⑧


次に「入札単価」の設定です。これは「予算内でクリック数が最大となるよう入札単価を自動的に設定する」にチェックを入れて「保存」

 

手順その⑨


次は「広告を作成します」という項目。少しややこしいですが、


「ランディングページ」のフォームには自分のサイトのURLを入力します。

次の「広告」のフォームと、その下のフォーム(二つ)は適当にサイトの説明文を短めに入れておけばOKです。で、そのまま「保存」をクリック

 

 

手順その⑩(ここで要注意)

さぁ次がいよいよ僕が最大のミスを犯した項目「料金」です。


ここで注意しないと「実際に広告が発行されてお金を支払う事になる」のでしっかりとお読み下さい。


「国」の項目は勿論「日本」を選択


「口座の種類」「個人」を選択(会社の方は会社を)


「名前と住所」はそのまま正しく入力


「お支払いタイプ」は必ず「手動支払い」「振込」を選択して「保存」をクリック。


※僕はここで二つ目のミス。「自動支払い」⇒「クレジット」を選択してしまいました。


ここで「確認画面」が出ますので、ミスが無いかをしっかりとチェックして下さい。大丈夫であれば「上記の規約に同意します」にチェックを入れて「保存して次へ」をクリック

 

手順その⑪

最後に「支払いを行う」というページに行きますので、「終了してキャンペーンを作成」をクリックして終わりです。これでアドワーズの登録は完了です。お疲れ様でした。


支払いは「手動&振込」にしてるので、こっちがお金を振込まない限りは請求が来る事はありません。安心してお目当てのキーワードプランナーを心行くまでお使い下さいませ。

 

まとめ(僕が犯した二つのミス)


最後に僕の失敗談を詳しく記載しておきます。

スポンサーリンク

 


上記でも書いた通り、まず「予算」の項目で「500$(60000万円)」を設定し、更に「お支払いタイプ」の項目で「自動支払い&クレカ」にした事で壮大な悲劇へのレールが完成。


キャンペーンが作成されると同時に僕のサイトが全世界のグーグルにインデックスされ、クリックに応じた額が僕の口座から引き落とされました。最終的には6万全部です。


その結果、僕のブログには日本語が読めない外人さんたちがちょろっとだけアクセスしましたが、日本語が読めないからブログトップで即離脱。


「何の価値も無いアクセスの為に6万円もの広告費をドブに捨てるという貴重な経験」

 

をさせて頂きました。(自分で書いてて辛い…)


ていうか、キーワードプランナー使いたかっただけなんですけよ…(辛い…)


勿論これは「僕のいい加減な性格」が全ての原因ですので、6万円は勉強代として粛々と受け入れました(涙を堪えながらね…)


厳密にいえば一つ目のミスはまだ取返しがつくミスで、致命的だったのは二つ目です。

 

よって、これからキーワードプランナー目当てでアドワーズに登録する方は二つ目の「お支払いタイプ」だけ注意すれば大丈夫です。


もう僕みたいな悲惨な経験をする人が一人でも減りますように。

 

あじゃした!!

 

スポンサーリンク