読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャイニングマンの「勇気を君に」

今まで人の役に立った事がない人間が出来るだけ人の役に立とうと始めたブログ

【予防】インフルエンザA型とB型とC型の違いをまとめてみた【対策】


後で読みます?⇒このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

f:id:shining-man:20170114091206j:plain

どうも。シャイニングマンです。


またまたインフルエンザ関連の記事失礼しやす。


今年も全国で猛威を振るっているインフルエンザ。僕の職場でも続々と被害者が出ております。


このインフルエンザには大きく分けて「3種類」あるのをご存知でしょうか?


今日はインフルエンザウイルスそのものについてと、そして


「A型インフルエンザ」

「B型インフルエンザ」

「C型インフルエンザ」


の違いについて詳しく記事にしてみたいと思います。

 

 

インフルエンザウイルスとは

f:id:shining-man:20170114091204p:plain

先述の通りA型、B型、C型の三種類に分類されます。それぞれA型から順に流行度や危険性が低くなっていきます。(後述)


インフルエンザウイルスは元々は「鴨」などの水鳥の腸内に感染する弱毒性のウイルスでしたが、抗原が突然変異した事によって人間の呼吸器系に感染性出来るようになったと考えられています。これも生物の進化と言えますね。

 

流行時期

毎年11月~12月に少しずつ流行が始まり、1月~3月頃にはピークを迎えますが、「新型インフルエンザ」などの流行があった場合は例外的に「春~夏頃」に流行る事もあります。

 

感染経路

インフルエンザウイルスは感染者の「咳」「くしゃみ」などから飛沫感染します。


喉、鼻、気管支、肺などの呼吸器系から体内に侵入し、気道の粘膜から細胞内に侵入→増殖を始め、感染から2日後には増殖はピーク(他のウイルスより早い)を迎えますが、そこからは緩やかに収まって行きます。

 

潜伏期間から発症まで

インフルエンザウイルスに感染してから発症するまでは「約1日~3日」と言われています。特徴的なのはやはり38度を超える「高熱」、そして節々の痛みや咳、鼻水など「風邪の上位互換」とも言える内容。


完全に治癒するまでは約10日間かかるとされ、運が悪ければ「肺炎」や「脳炎」などを合併して重症化するケースもあり、70歳以上の高齢者などはこれによって命を落とす事も少なくありません。

 

特効薬(タミフル)

中外製薬株式会社が日本国内向けに販売する「抗インフルエンザウイルス剤」で、日本では「タミフル」と呼ばれています。2001年から発売されてから、特効薬として沢山の患者さんに処方されています。


タミフルに含まれている「オセルタミビル」という成分が体内でインフルエンザウイルスの増殖を抑えてくれます。これにより、症状の悪化を防ぎ、更には治癒を早める効果があります。


勘違いされがちなのですが、タミフルは「ウイルスの増殖を抑える薬」であって、決して「ウイルスを退治する薬ではない」という点。これは重要です。


つまり、この薬はウイルスが増殖しきる前(発症から48時間以内)に飲まないと効果が激減してしまいますので


流行している時期に少しでも「あれ?」と思ったらスグに病院に行く事をオススメします。

 

A型インフルエンザ

A型は最も流行性が高く、人間にとっても危険度が高いインフルエンザです。インフルエンザと言えば大体コレ。毎年必ず来ます。


じゃあ何故A型がそんなに流行るか?と言いますと、それはこいつが持ってる「細胞表面抗原」の種類の多さと、感染経路が人間以外にもある(鳥や豚)という事に由来します。


難しい説明は省きますが、要は「突然変異しやすい」って事です。


人間の免疫システムには「獲得免疫」という免疫系がありまして、1度体内に侵入したウイルスに対して抗体が出来るようになっています。なので普通なら一度ウイルスに感染してもその抗体が出来るので再度掛かる事はないのですが


「突然変異したウイルス」にはその抗体が反応しないので、何度でも流行⇒感染してしまう…という訳です。

 

A型の主な症状

38度~重度の場合は40度以上の高熱が出ます。その他にも悪寒や頭痛、倦怠感、関節痛、筋肉痛、上気道炎…などパッと見は「風邪の諸症状」ですが、症状の強さが別次元なので非常に辛いです。


特に「高熱」はインフルエンザのメジャーな症状なので、異変を感じた場合はすぐにお医者さんへGOです。

 

B型インフルエンザ

A型に次いで流行性が高いとされているがB型です。流行の頻度で言えば数年おきと言った所でしょうか。


しかしながらA型とは違って感染経路もある程度特定(B型は人間以外には感染しない)されている事


そして亜種が多いA型に比べてB型はたった2種類しか確認されていない為に突然変異も発生しにくい事(「山形型」と「ビクトリア型」)


この2点がA型に比べて流行が少ない要因とされています。

 

B型の主な症状

A型に比べて比較的「弱毒性」である為、症状に関しても比較的穏やかではありますが、A型には無い「腹痛」が特徴として挙げられます。


シーズン中に原因不明の腹痛に長期間悩まされる場合は「B型」の懸念もありますので、異変を感じたらすぐにお医者さんへGOで。

 

C型インフルエンザ

C型は本来、説明の必要が無いくらいの「雑魚」です。5歳児以下の乳幼児に主に感染すると言われていますが


症状も一般的な「鼻かぜ」と同程度で、気付かずにそのまま完治するケースがほとんど。流行性も危険性もかなり低いです。


大きな特徴としてはA型とB型とは違い「年中感染する」という点が挙げられますが、どの道「雑魚」なのでそこまで気にする必要もありません。


C型が雑魚である最大の証として「A型にもB型にもある検査キットがC型には存在しない」という点が挙げられ、ワクチンの対象からも外されています。

 

要は「検査する必要も無いほどに雑魚」という事です(笑)

 

C型の主な症状

C型は感染先が「上気道のみ」なので、炎症が起こるのも上気道のみ。よって症状として

 

鼻水が出ます。

 

以上。雑魚。お疲れ。帰っていいよ。

 

 

 

まとめ

f:id:shining-man:20170114091205j:plain

いかがだったでしょうか。インフルエンザで注意すべきはまずは突然変異の多い「A型」、次点で「B型」、「C型」は雑魚なので空気。と言った感じです。


しかしながら今後、B型やC型の突然変異が出ないとも限りませんので絶対安全とは言い切れません。


僕らに出来る事はひたすら「体の免疫力が落ちないようにする」事と

 

普段から「マスクや手洗いやうがい、部屋の加湿」などの予防を心がける事のみです。

 

劇的に免疫力を高めたい方はコチラ↓

国際特許取得。「防衛力」を高める話題のサプリ。


予防グッズのオススメはコチラ↓

【インフルエンザ対策】オススメ感染予防グッズ16選!これで安心!【ノロウイルス対策】 - シャイニングマンの「勇気を君に」


免疫力UPに効果的な食べ物や飲み物や免疫の仕組みについてはコチラ↓

【2017年】インフルエンザの予防に効果のある食べ物&飲み物まとめ【対策】 - シャイニングマンの「勇気を君に」

 

 

健康第一!あじゃした!!

 

 

スポンサーリンク