読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャイニングマンの「勇気を君に」

気になった事や今まで溜め込んでいた知識をジャンル問わず放出する雑多なブログです。 人工知能(A.I)、漫画、音楽、お笑い、ダイエット、美容、健康…etc

【ダイエット】必須脂肪酸(オメガ3脂肪酸)を最も手軽に摂る方法とは?【美容と健康】


後で読みます?⇒このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサードリンク

どうも。シャイニングマンです。

 

近年、メディアなどでも話題に上がる事の多い「オメガ3脂肪酸」を皆さんはご存知でしょうか?


これは俗に「必須脂肪酸」と呼ばれている脂質の事で、知らない人は「え?どうして脂肪が“必須”なの?」と思う人もいるかと思います。


脂肪と聞くとどうしても「悪いイメージ」がありますからね…(汗)


しかしこの「オメガ3脂肪酸」はダイエットという観点でも見ても健康という観点で見ても美容という観点で見ても非常に優秀な脂質の一つなので


ダイエット中の方、健康志向の方、美容に興味のある方は是非最後までお付き合い宜しくお願いします。

 

 

 

脂肪酸とは?

f:id:shining-man:20170419225142j:plain

「脂肪酸」っていうのは「脂質」の一つで、他に「コレステロール」や「グリセリン」などが脂質に挙げられます。


一般的にはあんまり良いイメージが無いと思いますが、これの「悪い面」だけを享受した結果が「太る」もしくは「不健康になる」だと思って下さい。


脂肪酸の中には体にとって良い働きをしてくれるものもあるんですよ。今回はその話をメインにさせて頂きますね。

 

脂肪酸には二種類ある

脂肪酸には大きく分けて二種類あるというのはご存知でしょうか?それが


飽和脂肪酸不飽和脂肪酸です。

 

飽和脂肪酸(ほうわしぼうさん)

飽和脂肪酸というのは牛、豚、鶏などから摂れる「動物性の脂肪」の事です。もちろん牛などの乳から加工されて出来る乳製品も全てこの飽和脂肪酸に分類されます。


大きな特徴としては「外部から摂取しなくても人間の体の中で自然に合成される」ものです。ここがポイントですね。


つまり、もともと体内で合成される物質なのに、食事によって更にそれを摂取し過ぎる事で「太る」原因になるという事。


でも不飽和脂肪酸はどうかというと、こっちは逆に「健康に良い」脂肪酸なんですよ。

 

不飽和脂肪酸(ふほうわしぼうさん)

f:id:shining-man:20170419225140j:plain

何を隠そうこの不飽和脂肪酸こそが体に必要な“必須脂肪酸”と呼ばれるものなんです。


この不飽和脂肪酸は化学的な構造の違いから「オメガ3」「オメガ6」「オメガ9」と3つに分類され、それぞれ


「オメガ3」亜麻仁(アマニ)油、シソ油、イワシ、サバ、アジなどの青魚に多く含まれ

「オメガ6」コーン油、サフラワー油、ひまわり油などに多く含まれ

「オメガ9」オリーブ油、キャノーラ油などに多く含まれています。


皆さんも普段の食生活と上記を照らし合わせて貰えればお分かり頂ける通り…


家や外食問わず魚よりも牛や豚などの肉類の脂の摂取も多いですし、料理につかわれる油自体もほとんどが「オメガ6系」である事がお分かり頂けると思います。


現代人は食生活の欧米化などによって「オメガ6」の摂取量が増え、逆に「オメガ3」の摂取が著しく減っていると言われており、これが肥満の原因の一つとされています。


特に摂取バランスとしてはオメガ3とオメガ6が「4:1」になるようにするのが理想とされているので、日ごろからオメガ3脂肪酸を意識的に摂取する事が現代においては健康にも非常に重要になってくるんです。


※オメガ6が悪者という訳ではなく「現代人は摂り過ぎ」が問題、という事です。

 

オメガ3脂肪酸の素晴らしい働きとは

f:id:shining-man:20170419225141j:plain

オメガ3脂肪酸というのは一般的に植物油脂に含まれる「α-リノレン酸」、そして青魚に含まれる「DHA(ドコサヘキサエン酸)」「EPA(エイコサペンタエン酸)」の総称で


脂肪の燃焼を促進させたり、動脈硬化を予防したり、心疾患等のリスクを減らす効果がある事で知られていましたが


最近になって更にニキビや吹き出物のような炎症を「抑える作用」や、肌の代謝を上げて「美肌を作る効果」もある事が解ってきたり


更には様々な「アレルギーの原因を抑制する効果」まで研究によって明らかになってきており、最近では最も注目される栄養素として色んなメディアで取り上げられています。


そしてこのオメガ3というのは「人間の体で合成する事が出来ない」ので、必ず食事などで外部から摂取する必要があります。


しかし、それが結構「難しい」んですよ…。

 

 

食事で目標量を摂取するのは至難

オメガ3脂肪酸を含む代表的な食品は「青魚」「亜麻仁(アマニ)油」「シソ油」「えごま油」「くるみ」「栗」などが挙げられますが、


正直言ってあまり「身近な食材」とは言えませんよね。アマニ油も、シソ油も、えごま油も…。よっぽど健康に気を使ってる人でない限り「存在自体を知らない」って人も居ると思います。


栗やくるみだって毎日食べるものではないですしね。


って事で、上記の中で普段の食生活で唯一取り入れられそうなのが「青魚」になりますが、これまた「毎日食べる」となるとそれなりにハードルがあると思います。因みに僕はほとんど食べません…。


厚生労働省よるとオメガ3脂肪酸の摂取目標量は成人で「1日あたり2g前後」とされていますが

 

かたくちイワシは100gあたり「1.8g」

サバは100gあたり「1.2g」

アジは100gあたり「0.6g」

 

ん~、毎日かたくちイワシを100g食べれば一応はクリア出来ますが、サバならちょっと足りないくらい、アジなら倍以上(200g以上)食べないといけない計算になります。


てかこのハードル…結構高くないですか?

 

かたくちイワシ…毎日食べますか?(汗)

 

そしてもう一点、オメガ3脂肪酸っていうのは「加熱すると酸化(栄養素が失われて)してしまう」という、とても扱いにくい側面があるんです。

 

料理上手な人ならいざ知らず、料理が苦手な人なんかにとっては厳しいものがありますよね…。

 

しかも油に関しては家にストックしておいたとしても開封した時点でどんどん酸化していくので日持ちもしません。少量をこまめに買わないといけない…となるとまた更にハードルが…

 

てな訳で、本当に困ったちゃんなんですが

 

実は誰でも効率良く、気軽に、尚且つ安価に摂取出来るオイルがあります。

 

 

ボタニカルオイルミックス

f:id:shining-man:20170419222131p:plain


これはアマニオイル・エゴマオイル・オリーブオイル・アボカドオイルの4つの天然オイルをミックスし、更にそこにオイルとの相性の良い天然のビタミンEまで配合したもの。

 

ビタミンEと言えば強い抗酸化作用があり、アンチエイジングなど美容面でも注目されている栄養素ですので、正に美容&健康&ダイエットにも効果はバツグン。これはオイルなので「サプリはちょっと…」っていう僕みたいな人にもオススメです(笑)

 

f:id:shining-man:20170419223908p:plain

1包ずつの使い切りタイプなので使い残して酸化しちゃう…という心配もありませんし、この1包だけでなんと

 

オメガ3脂肪酸→1日の摂取量の85%
ビタミンE→1日の摂取量の100%

 

↑の通り、これだけで1日分の目安量はほぼクリアという優秀さ。サラダなんかにサッと回しかけて食べるだけなので、三食の内どこかでは必ず使えます。

 

しかも一日当たり74円という衝撃のコスパ。どれだけ素晴らしいものでも高かったら続けられませんからね。そういう意味でも非常にこのオイルはオススメです。

 

もし興味があえば是非一度試してみて下さいね。

 

ボタニカルオイルミックス

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか。


脂肪燃焼を促進するので勿論ダイエットにも効果的ですし


ニキビや肌荒れなどの美容面でも効果があり


更にアレルギーの抑制、心疾患のリスク軽減、動脈硬化の予防など健康面においても効果も期待出来る「オメガ3脂肪酸」のお話でした。


人間の体内では合成されない脂肪酸ですので、


健康に気を使いたいという人


お肌の調子が気になる人


ダイエットの効率を更に上げたい人


なんかは是非とも取り入れてみる事をオススメします!


あじゃした!!

 

スポンサーリンク